2011年09月30日

成長することは痛みを伴うこと

成長することは痛みを伴うこと、そんなことを教えてくれる素晴らしい小説に出会いました。ウェンデリン・V・ドラーネンというアメリカ人の作家が書いた"Flipped"という小説です。

この小説は、昨年末にamazon.comのサイト上をぶらぶらと面白そうな本はないかなぁ〜とネットサーフィンしていた時に目に留まった小説でした。安直な判断ではありますが、コメント数が多く(当時で300以上のコメントが付いていました)、評価も★4以上で高かったこと、さらっと読者の感想を読むと、ヤングアダルトの小説ながらも大人が絶賛するコメントが多く「主人公の前向きな姿に勇気づけられた!」というような内容が結構あったのでピンひらめきと私のアンテナにひっかかったわけです。ヤングアダルト小説なので読みやすそうだし、読んでみよっかなぁ〜ととりあえず「ほしい物リスト」に登録。

そして、約半年間…放置………… てへへ…あせあせ(飛び散る汗)

この本を読んでみようと決めたのは、今年の5月。
通っていた出版翻訳の学校で、リーディングレポートを書くという課題を出されたからです。
リーディングレポートとは、出版社がどの翻訳本を出版するかを決める際に参考にするレポートで、基本的に翻訳者または翻訳者の卵が出版社から依頼され、出版候補にあがっている原書を読み、内容や読んだ感想などをまとめるレポートです。このレポートを元に出版社はその本を日本で出版するかどうかを決めるというわけです。今回の課題は好きな洋書を一冊選んで、A4 4枚のレポートにまとめるというもの。

好きな洋書…ということで思い出したのが、半年前に見つけた"Flipped"。早速キンドルで購入して読み始めたところ、これがこれが面白くって作品の世界にどんどんのめりこんでいきました。以下が、レポートの導入部分でもあるのですが、小説の簡単な内容です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
題名:Flipped

―ブライスを一目見た瞬間、わたしはときめいた。彼の青く、美しい瞳にわたしの心臓は止まりそうだった!
―ジュリにはとにかくうんざりだ。突然、僕の生活に押し入ってきて、自分のやり方を押しつけようとする。僕のことは放っておいて欲しかった。


小学二年生の時に出会ってから、ずっとお互いに対して正反対の感情を抱いていたジュリとブライス。中学に入って、様々な事件や経験を通して、二人はそれまでとは別の姿をお互いの中に発見し、相手への見方が変化していく。
二人の物事や周囲の人に対する見方が変化していく過程を一緒に体験することで、成長することは痛みを伴うことであると同時に、周りの景色や身近な人々を再発見することであることを教えてくれるヤング・アダルト小説。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても面白くて、内容をレポートにまとめ始めたら、到底4枚には収まらないほど長ったらしいレポートになってしまったので、泣く泣く色んな箇所を削って削って削って、4枚に収めました。
そして、完成したレポートがこちらですので、よかったら読んで下さいませ。
【注意:ネタバレというか、物語の一部始終を書いていますので原書で作品世界をじっくり味わいたいという方はご注意を…!!】
⇒ Flippedリーディングレポート


ちなみにこの本の題名"Flipped"、どういう意味か分かるでしょうか?
"flip"には色んな意味が含まれているのですが、例えばこんな意味があります。

【1自動】
ひっくり返る、反転する
宙[とんぼ]返りする
〔バタバタと〕身をよじる
〔本などの〕ページをめくる
コインを投げる
素早く[サッと]動く
〈俗〉急に怒りだす、カッとする
〈俗〉〔素晴らしいものに〕興奮する、大喜びする
----by英辞郎

そう「ぐるっとまわる」感じなのです。
で、なんでこの本の題名が"Flipped"なのかを簡単に説明すると、主人公二人のお互いに対する気持ちや見方が「ぐるっとまわる」瞬間が何度かあるからなのです。良い意味でも、悪い意味でも……全てをひっくるめて著者は"Flipped"と表現したのです。
小説を読んだ後にはなんてうまい題名なんだ!と心底感動したわけなのですが、一方で「ん?これ日本語で出版するとしたらどんな題名にすべきなんだ?!」としばらくの間、悶々と悩み、悩み……ふらふら
で、いまだに結論が出てません。。。バッド(下向き矢印)

そんなわけなので、ぜひ洋書好きのみなさまは原書を読んで頂き、ぴったりくる日本語の題名を思いつかれた際にはぜひ教えてくださいませ〜ぴかぴか(新しい)

"Flipped"の面白さをたくさんの方と分かちあえますように……黒ハート
posted by youxi at 17:31| Comment(0) | 面白かった本&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。