2011年01月31日

ファッションを通じて心のバリアフリーを目指す須藤シンジさん

最近よく見ていているテレビ番組、NHKBSの地球ドキュメントミッション。
それぞれの切り口で社会を変えることを目指し、自らのミッションに突き進む志高い方々を取り上げる番組です。

昨日はファッションを通じて、健常者と障害者の壁を壊すことを目指す須藤シンジさんが登場。
デパートのバイヤーだった須藤さんは、障害を負った息子さんの誕生を機に、障害者を特別視しがちな日本の社会を変えていきたいと強く望むようになります。

番組の詳細はこちらから→ http://www.nhk.or.jp/mission-blog/missions/69904.html#comment


須藤さんの姿勢、とても格好良かったです。
そして、日本の社会ってまだまだ障害者の方に冷たいんだな、厳しいんだなって感じました。
それを特に感じたのはこんなシーン。
「仕事の打合せのためにデパート内の飲食店に入ろうとしたところ、入口の掲示板では盲導犬の出入りを認めているにもかかわらず3軒の店から入店を拒否された。」(上記サイトより引用)

恥ずかしながら私も法律の存在を知らなかったのですが、
「身体障害者補助犬法」というものがあり、
「4.施設等における身体障害者補助犬の同伴等
国、地方公共団体、公共交通事業者、不特定多数の者が利用する施設の管理者等は、その管理する施設等を身体障害者が利用する場合、身体障害者補助犬の同伴を拒んではならない。
ただし、身体障害者補助犬の同伴により当該施設に著しい損害が発生するおそれがある場合などはこの限りではない。」
と定められています。 
(厚労省サイトより http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/html/a01.html

こうした法律についてはまだまだ知らない人は多いはず。
それは私も含めて我が身の問題として考えたことがないから。
そうした法律を必要とする人の存在を身近に感じたことがないから。交流がないから。

自分の社会との関わり方について考えされられた番組でした。
ラベル:人権 社会貢献
posted by youxi at 14:07| Comment(0) | 日々感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。