2009年08月24日

通勤時間にNHKラジオ英語♪

今月から電車通勤の生活が始まって、
乗り換えはなしですが、約35分毎日朝と夕方に電車に揺られる日が続いています。帰りはほとんど座れるけど、行きはまず座れない…
仕事を始めてプライベートの時間が減ったときに、どう通勤時間を活用すべきか考えて、色々と試行錯誤した結果、今一番しっくりくるのは

NHKのラジオ英語を聴くことです♪

私は毎週日曜日に午前10時から11時15分までNHKラジオAMで流れる入門ビジネス英語(二日分再放送)と実践ビジネス英語(3日分再放送)を録音しています。
そのMP3をiPodに落として、繰り返し繰り返し聴いてます。

メリットとしては
●iPodだから、好きなところだけ再生して聞ける
●毎回のストーリーがつながっているので、内容が面白い。記憶に残りやすい。
●実践ビジネスはレベルも結構高いので、知識が増える
というかんじでしょうか?

本当は声に出してシャドーイングまでしたいのですが、さすがに電車の中でやるのはまずいので、口を微妙にもごもごと動かしながら、脳内でシャドーイングしてます。

今は英語を話す機会がまだないのですが、こうやってトレーニングを積んでおかないと、いざ仕事を頼まれたときにアタフタしてしまうのです…

NHKラジオはレベル別に豊富な英語教材のラインナップがあるので、自分のレベルにあったのを選んで、繰り返し聞けば絶対に効果があります!

私の知り合いで
●NHKラジオを毎日20年近く聞き続けて、帰国子女でも留学経験もないのに、英語教材の著者になった人
●同じくNHKラジオを毎日15年ほど聞き続けて、こちらも留学経験もない純日本人なのに、TOEIC満点の人
がいます。

私がNHKのラジオを聞き始めたのはごくごく最近ですが、継続のしやすさと良く練られたプログラムはさすがだなと思います!

って宣伝か?!NHK関係者ではありませんよ…ダッシュ(走り出すさま)
posted by youxi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

英検1級に向けて!

eiken.jpg
英検 文で覚える単熟語 1級


今年もあっという間に後半に突入ですが、今年の英語学習の目標に「英検1級取得」を追加しました。
こうやってブログで言っておかないときっと頑張れない…
英検を受けるのは高校1年で2級を取って以来、実に10年以上ぶりになるのですが、上の参考書を見ながら、英単語を詰め込んでいます。
1ページに10こ英単語や英熟語が並んでいるのですが、最初から分かるのはせいぜい一つか二つ…中学生レベルの単語を使って会話したり文章を書くのが得意な私には、かなりつらいです…。10月の受験までに間に合うように、計画的に単語をインプットしていきたいと思います!

#先月受けたTOEICの結果が昨日届きました。
めでたく記録更新、985点でした。リーディング495(満点)、リスニング490。確かにリスニングは途中集中力が途切れて、聞き逃したことを覚えているので、やはりそこで点を落としてしまったようです…
ようやく、ほぼ満点をとれるとうになったと嬉しく思う反面、やっぱり英語のニュースやドラマで意味が分からなくなることも多いし、英字新聞を読むのも苦労するし、英語を極めるのは終わりなき旅のようだと感じます。
きっとネイティブスピーカーのパーティーに呼ばれても、積極的に会話の輪に入っていけるかというと、結構苦労すると思います。
英単語や英文法を勉強しても、その背景にある文化や歴史、思想に対する知識を深めていかなければ本物の英語は身に付かない…
色々と課題も多いのですが、思考錯誤しながらがんばります〜
posted by youxi at 09:04| Comment(2) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

通訳トレーニングの苦労…

通訳の勉強を開始して1か月以上が経ちました。
割と出来る方と認識していた自分の英語力に対してのプライドがガラガラと崩れ落ちるような、そんな毎日です。
まあ、英語力っていうか教養力とか日本語力に大いに問題ありって感じなんだけど。

今苦労しているのことと言えば
1.経済用語を覚えること
2. 記憶力


1については
主に経済・金融関連のトピックを扱ったレッスンを受講しているのですが、日本語でも分からないような…株、…市場、…債権、というような単語がずらーっと出ていて、まずは日本語の意味を理解するのに時間が相当かかってしまうんですね。経済関連の本を読んだり、ネットでリサーチしたり、日本語の意味を調べるだけで時間が経ってしまう…。これをさらに英語で、というのはなかなか大変なのです。金融リテラシーをつけたり、経済にも強くなりたいなぁと思っていたのだから一石二鳥と言えばそうなのだけど、なかなか本来の課題が進まずに焦っております…

2については
特に英→日の通訳の練習で、ぱ〜っと英語のスピーチを聞いても、かなり短い文で区切らないと訳せない。ちょっと長くなると、なんとなく分かったつもりになっていても、細かい部分が思い出せなくて、全然まともな日本語にならない。
記憶力を高めるには集中力をつけたりとか、色々トレーニングの方法があるのだろうけど、高めるにも限界がある。だから、プロの通訳でもかなり細かい部分をメモにおとしている。
私はこのメモ取りにまだ慣れていない。そのまま聞いた単語をメモすると、かなり時間が経って、スピードに追い付かないのです。
やっとその点に課題意識を持つようになって、今は効率的なメモの取り方を模索中です。自分が分かる略語をたくさん持つことがポイント。細かい単語と意味のつながり、ロジックが分かればOKなのだ。(technologyを技、developmentを開、economyをけい、BUTは× 等々)

そんな感じで、ひょいと始めてしまった通訳のトレーニングはかなりハードで日々格闘しています。
短期間だけど勉強のかいがあってか、NHKの夜7時〜のバイリンガルニュースやCNNのニュースとか以前よりも理解度がぐっと増してきました。成果が何かしらの形で感じられる瞬間が喜びです。

こつこつ積み上げながらガンバロウ!!

posted by youxi at 11:27| Comment(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ICレコーダーを使って英語学習

引っ越し関係の作業や手続きで忙しいこの頃ですが、
私が力を入れるべき通訳の勉強も試行錯誤しながら続けています。

最近始めたのはICレコーダーを使った学習です。

PA0_0001.JPG

このロジテックのICレコーダー(LIC-SR500M02)を使って今やっているのは
1.単語帳の作成
 ⇒経済関連の用語などの単語帳。日本語を読んで、2秒ほど置いて英訳された単語を読む。
 目的:日本語を聞いて、すぐに英語が出てくるようなクイックレスポンスを磨くためのもの。

2.課題文の音読
 ⇒経済関連の記事を宿題で渡されているのですが、それを音読してレコーダーに吹きこんでいます。
 目的:英文に含まれる単語を覚えるため&自分の発音の癖を認識してアクセントやイントネーションの改善をするため。

こういった形でレコーダーに吹き込んだものを、移動中や家事の最中などに再生して聞いています。

今までも音読をして学習することは多かったのですが、自分が音読したものを改めて聞くということはありませんでした。
意外な自分の発音の癖に気づき、面白いです。

また、ICレコーダーに自分で音を入れていくという作業は想像以上に楽しいです。やっぱり学習は机に座ってペンと頭を使うだけでは限界があるなぁと実感。
まだ始めたばかりですが、これからもICレコーダーを活用した学習をどんどん取り入れていきたいと思います。

英語の学習のみならず、日頃のアイデアを吹き込んだりと、ICレコーダーの活用方法はたくさんありそうです!
posted by youxi at 08:57| Comment(2) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

通訳スクール2回目:強みと弱み

今日は最近通い始めた通訳の学校の2回目の授業でした!
1回目はオリエンテーションとそして後半は容赦なく、いきなり英→日の逐次通訳の練習。。外資系企業のCEOのスピーチを聞かされて、日本語に訳出する練習をしたのですが、なんとなく分かるのだけど、いざ日本語に訳そうとすると言葉が出てこずに絶句してしまった私。圧倒され、気後れしてしまいました…

今日は予習してから挑んだので、まあまあの出来でした。
数の英語の練習をして(5億678万439、みたいな数字を英語に訳す、また逆もあり)、その後はニュースの日本語を英語に逐次通訳する練習です。

やっぱり英⇒日よりも日⇒英の方がハードルが低いです。
考えてみると、英語のアウトプットの練習は今までも英会話のプライベートレッスンなどでしていたけど、英語を日本語に訳すということはほとんどしたことがなかった。洋書を読んだり、英語のオーディオブックを聴いたりするけど頭の中でなんとなく理解して終わりだもんね。

日⇒英の方が簡単な理由は1.日本語の内容の理解力がある、2.英語のアウトプットの練習をしてきた、から。

なので、英⇒日のスキルを高めるには1.英語の理解力を高める[背景知識、語彙力などなど]2.日本語のアウトプットの練習をする、
ということが必要。

具体的なトレーニング方法はまだまだ模索中、実験中なのですが、
改善すべきポイントを意識して、通訳のトレーニングを頑張ろうと思います!
posted by youxi at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

通訳スクールに通ってみる

来週から約半年間、毎週通訳スクールに通うことにしました。

先月、某スクールの会議通訳のサンプルレッスンを受けて、あまりの難しさにショックを受け、これは勉強しがいがあるかも!と刺激を受けたのがきっかけです。

サンプルレッスン、難しかったですよ〜
放送通訳でキャリアを長年築いてこられてた先生が担当し、
いきなり国連の英語スピーチを聞かされ、和訳してみなさいと言われるわけです。日本語で聞いても意味が分からないようなスピーチをましてや英語で聞きとれるはずもなく… 先生が同時通訳している様を目にし、これぞプロと圧倒されました。

通訳ってもはや英語の勉強というよりも、文法や基本的な単語(基本的といってもかなり多い)を抑えているのは当たり前で、通訳するテーマの背景知識をしっかりと理解し、まずそのテーマについて日本語の専門用語できちんと話せることが求められるわけです。
外交・経済・医療・環境などテーマは様々ですが、背景知識を勉強することが苦になるようであれば、通訳になるのはきっと難しいのでしょう。その点私は強みの[学習欲]や[収集心]が生かされればよいなぁと思っております。

先週レベルチェックテストを受験し、これまた政治関連の英語スピーチの和訳、日本語スピーチの英訳の問題で、脳みそがこぼれそうになるくらい難しかったのですが、幸い合格しており、通訳コースを受講できることになりました。
宿題の量が多い、スパルタ授業と評判の学校ですが、がんばってみようかと思います♪

trend.jpg
ジャンル別 トレンド日米表現辞典 第4版
授業のために買った辞書。幅広いジャンルの現代語が掲載されてます。
通訳者のバイブルらしい?!
posted by youxi at 09:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

【英語】筋トレ&夢について

◆今回のvocabulary

biceps:二頭筋/力こぶの部分の筋肉

triceps:三頭筋

lats:広背筋
※Latissimus dorsi muscleの略

calf:ふくらはぎ

pound on:〜に激しくぶつかる、〜をドンドンたたく

Love Handlesハートたち(複数ハート):お腹の脇にある脂肪の部分
http://en.wikipedia.org/wiki/Love_handles
※恋人同士が向かい合って抱き合うときにつかむ部分だから、こういう呼び方をするそうです

Peeping Tom:覗き魔

◆今回のトピックス
・最近始めた筋トレについて
・夢の話。夢の意味は?

#最近悪夢を見ます。先週末にも悪夢を見て、午前4時に起きてから寝付けなくなりました。
そんな話をしたところ、Chad(先生)は「You should control your dream」と言いました。夢をコントロールするってどういうこと?Chadは夢をコントロールできるそうです。夢を見ているとき、自分が夢を見ている状態であることを意識できるとのこと。そして、その夢が悪い夢だったら、登場人物を変えるなりして、楽しい夢にしちゃうそうです! 
I wish I could have that kind of skill! I dont know how I can master that skill though.. If I had the skill, I would have more fun in my dream and sleep better. :) Let's try!

#次のレッスンのトピックはオバマ大統領の就任演説について。しっかり予習しよう!
posted by youxi at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

【英語】"Fun Questions"

年末年始は英語のレッスンをお休みしていたので、
今日は約3週間ぶりの英語の授業でした。

3週間ぶりということで、レッスンに行く前に英語の本を音読して、口を慣らしておいたつもりなんだけど、やっぱり初歩的な文法の間違えをたくさんして、たくさん直してもらった。
英会話は最低週1回やらないと、言葉が出てこなくなってしまう・・・

今日は久しぶりだったということもあり、比較的カジュアルなトピックで進めてもらった。
先生が作った"Fun Questions"に私が答えていくというもの。
が、意外と苦戦した。

・Describe yourself. What do you think abou yourself and do you think people perceive you in the same way?
とか・・これってFun Questionですか?!というつっこみも入れたかったのですが、
結構考え込んでしまい、自分の考えを伝えるのに苦労しました。

・What is your favorite book ever?
という質問には講師がアメリカ人ということもあり、洋書をあげておきました。
1冊だけお気に入りの本を選ぶなんて難しいけど、洋書だったらこれかな。

Feeling Good: The New Mood Therapy Revised and Updated

Amazonより--------------------
Product Description
FEELING GOOD FEELS WONDERFUL
The good news is that anxiety, guilt, pessimism, procrastination, low self-esteem, and other "black holes" of depression can be cured without drugs.In FEELING GOOD, eminent psychiatrist, David D. Burns, M.D., outlines the remarkable, scientifically proven techniques that will immediately lift your spirits and help you develop a positive outlook on life.
--------------------------------

本を読んで鬱を直してしまう!という本です。
Bibliotherapyという単語もこの本で学びました。
著者によると7割の患者は投薬治療に頼ることなく、この本を読み、いくつかの課題を実践していくだけでより良い状態になったそうです。

こういう医学的・心理学的リサーチに基づいたセルフヘルプ本が日本語でも増えればいいのになぁ。

この本の内容を英語で説明するのはちょっと大変でした。
もう一度復習して、練習してみよう!

3年以上前に読んだけど、今でもたまに読み返したりしてます。
英語も結構簡単だし。

【ボキャブラリーの復習】
・ apprehensive about
気にかかる、〜について心配する

・tomboy おてんば娘

これだけかぁ・・・今日はリハビリということにして、次回は頑張ろう!
posted by youxi at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

【英語】職業観・人生観について

英語日記を書き始めたら、自分の表現力がかなり限られていることを痛感。
というわけで、好きな映画の好きなセリフを引用することで、表現の幅を広げていきたいと思います!

まず「人生観・職業観」について。
以下は『ユー キャン カウント オン ミー』という映画で、
牧師のロンが人生に投げやりになっているテリーに対して言う台詞。

--------------------------------------------
"You Can Count on Me"『ユー キャン カウント オン ミー』
http://www.imdb.com/title/tt0203230/

(テリーが皮肉を込めて「いい仕事をしているね」とロンに向かって言ったあと…)

Ron: Well... I like it.
Because even in this little town, I feel like what I do is very connected with the real center of people's lives.
I'm not saying I'm always Mr. Effective, but I don't feel like my life is off to the side of what's important. You know?
I don't feel my happiness and comfort are based on closing my eyes to trouble within myself or trouble in other people. I don't feel like a negligible little scrap, floating around in some kind of empty void, with no sense of connectedness to anything around me except by virtue of whatever little philosophies I can scrape together on my own...

私はこの仕事が好きだ。
何故なら、こんな小さな町の中でも私は自分のしていることが人々の生活の真の中心とつながっていると感じるから。
何も常に「影響家」でいるわけではないが、自分の人生が大切なことの脇に置かれている状態ではいたくないんだ。
自分自身や他人のトラブルに対して目をそむけることで幸福感や慰めは得られない。
どんなにちっぽけなものだとしても自分自身の精一杯の人生観を伝えること無しに、無視してもいいような小さなことが自分の周辺と何のつながりもない空っぽな空間に漂っている状態は嫌なんだ。
(youxi訳)

【単語】
negligible 無視してよい、取るに足りない、ごくわずかな
scrap くず、かけら、スクラップ
void 空間、虚構、空虚感、喪失感
virtue 美徳、善、長所
by virtue of 〜のおかげで、〜の理由で
scrape together かき集める

※最後の文は長いし、抽象的だから訳すのが難しいです。。
固い和訳になってしまったような。うーむ
--------------------------------------------

このあとに続くロンとテリーの会話が好きです。興味のある方はぜひDVDをチェック!
posted by youxi at 10:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

【英会話】本日のレッスン

昨日は2週間ぶりの英会話レッスンでした。
いつもレッスンの流れとしては近況から入って、講師が持ってきてくれる教材を使ってレッスンを進めています。
昨日は久し振りということもあって、近況の話からどんどんと話が広がり、あっという間の一時間でした。

大体の流れは以下の通り

-----------------------
1.近況から
 最近の景気の悪化について、ソニーの人員削減、デフレ、
 新しくテレビを買った

2.テレビの話題から
 最近見たドキュメンタリーでアメリカ軍兵士のイラク人捕虜の虐待について
 アブグレイブ刑務所、尋問について、拷問せずにどのように情報を引き出すか
 ※ドキュメンタリーはNHKスペシャルの『微笑と虐待 〜証言 アブグレイブ刑務所事件〜』
  http://www.nhk.or.jp/special/onair/081117.html

3.オバマ政権とリック・ウォレン(Rick Warren)
 ネットの記事を元に http://www.time.com/time/politics/article/0,8599,1867664,00.html
 ※Rick Warrenはアメリカで有名な牧師で、オバマの大統領就任式にて祈りを捧げる予定の人物。
 保守派で同性間結婚には反対の姿勢を示している。

 リック・ウォレンのゲイに対する考え方、同性愛は生まれつきか、それとも環境要因によるものか
 オバマの同性間結婚に対する考え方は?
-----------------------

うーむ。。テレビの話題からうっかりアブグレイブ刑務所の話題を持ち出してしまったため、
説明困難に陥りました。捕虜とか虐待とかスムーズに英単語が出てこなかった(涙)
しかも、講師はアメリカ人で、軍人なのです
「アブグレイブ刑務所では情報を引き出すために捕虜に対する虐待を許していたんだ」なんて言えば
「じゃあ君はどうやればうまく情報を捕虜から引き出せると思うの?」なんという当たり前のツッコミを受け、返答に困る私。
詳しくは教えてくれませんでしたが、彼も軍で尋問の訓練を受けたことがあるようです。おそるべし。

と、色々とつまってしまった場面はいつもよりも多かったのですが、
それでも自分の勉強不足さが身にしみて分かったのは大きな収穫でした。
次回のレッスンはもっと準備して行こう!

昨日出てきた単語などは以下の通り-------------------

[アブグレイブ刑務所の話題から]
・detainee 抑留者
・interrogate 尋問する
・commander 司令官
・Geneva Convention ジュネーブ条約


[リック・ウォレンの話題から]
・pastor 牧師
・inauguration 就任式
・incarcerate 投獄する
・pedophile 小児性愛者の
・chromosome 染色体
・hermaphrodite 両性具有の、同性愛者

[その他]
knock on wood
いつまでも運が続きますように、くわばらくわばら
◆自慢話や調子のいいこと、幸運なことについて話した直後に禍を避けるためのおまじないとして使われる表現。

youxi: I never got seriously injured in my life.
teacher: Knock on wood! (he is knocking on the table)

--------------------------------------------------------------

こう振り返るとあまりボキャブラリーが増えなかった・・
勢いにまかせて話しをしていた1時間でした。

次回はちゃんとトピックを考えて、予習していこう!
posted by youxi at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

【英会話レッスン第1回目】医療制度

今日は半年ぶりに再開したプライベートの英会話レッスンの初回の日でした。
あいにく、風邪気味で本調子ではなかったのですが、無駄にするまいと頑張って参加しました。

習ったことを忘れないように・・・ブログで簡単にまとめておきたいと思います。


今日のトピック:Health Care
マテリアル:講師の作ってくれたプリント
 民主党のオバマと共和党のマケイン各々の医療制度についての政策を比較。 

ボキャブラリー
1) pay into
requires employers to pay into the national health care insurance.
 ※給料の一部を保険や年金などに払うときに使う

2) collect
 collect unenmployment
雇用保険を受け取る
 ※年金や保険など受け取るときに使うのは「collect」

3) absentee ballot
 不在者投票

4) malpractice
 医療過誤、医療事故
※malは「悪い・欠けている」というような意味を持つ接頭辞(prefix)である
 ex. malnutrition 栄養失調


今日は英語の授業ではあったのですが、医療制度という社会や政治に絡むテーマで、色々と考えさせられ、まるで社会の授業みたいでした。

【曖昧な主張】
1.マケインの英語
 彼の政策を読んでも、encourageとかnegotiateのような単語が多用され、漠然とした方向性しか示されておらず、具体的なプランがよく分かりませんでした。
講師に「何がしたいのかよく分かりません」と訴えたところ、「君の英語力の問題じゃなくて、彼はわざと曖昧にしているのさ。幅広い支持者層の注目を得るための一つの戦略なんだよ」とのこと。

2.オバマの英語
オバマの主張は対照的に、「25歳以下の者の医療保険は親の保険でカバーできるようにする」など具体性があって、何がしたいのかが分かりやすかったです。


【アメリカの医療制度】
マイケル・ムーアのドキュメンタリー映画「Sicko」や先のブログであげた『ルポ貧困大国アメリカ』で書かれていたように、高額の医療費が払えずに中流階級の人間が一気に破産に追い込まれたり、貧困層に落ちていくケースがアメリカではかなり存在します。

病気やけがをしたときに経済的にも守られるべきなのは当然と、日本で暮らしている限り思ってしまうのですが、講師はアメリカの医療制度は「富裕層が生き残りやすい仕組み=すなわち、中流の家庭をターゲットにし、格差を広げやすくするための仕組み」なんだよと嘆いていました。


アメリカの政治の根本にある思想はなんなのか興味がわき、
また医療制度の改革にも取り組もうとしているオバマにも興味を持ち、
今日のレッスンの帰りにオバマ氏が書いた『合衆国再生』を買いました。
知識を得て、次回のレッスンではもっと深めた議論が出来ればと思っています。
posted by youxi at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

英会話レッスンを再開しました

今年の初めに英会話のプライベートレッスンを一旦中断してから、しばらく英語を話す機会がほとんどない状態が続いていたのですが、
この度再開をすることにしました。

新講師は20代のアメリカ人男性。
ミリタリーに入った後、おそらく奨学金で大学に通ったようで、
現在は初等教育の修士号を目指して、基地の中で講義を受けているとのことです。

そんな経歴が興味深く、
またなかなか紳士的、
そして聞き上手であった彼のレッスンを受けてみようと決めました。

初回のレッスンのテーマは「アメリカの教育制度と医療制度」について、とのこと。
うーむ、どちらも重い。

ひとつのテーマで3レッスン分ぐらいは深堀できそうです。

hinkontaikoku.jpg
ルポ貧困大国アメリカ

こんな本を読んだ後なので、なおさら熱くなってしまいそうです。

トライアルレッスンの際は久し振りで英語がスムーズに出てこなかったので、しばらくはリハビリのように、がんばってみたいと思います。
また学んだことは共有するようにしたいと思います。
posted by youxi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

私の英語学習史《長文》

「私は英語ができます」

と言わないと、去年まで教えていた大勢の生徒さん達に大変失礼なことになってしまうので
そういうことにしておきます。
TOEICは2006年の秋に受けたのが最終記録で955(リスニング495(満点)、リーディング460)です。
一応元英会話講師としてはなんとか面子を保てるくらいの数字かと思います。

これくらいの数字をもっていると、よく人から「帰国子女?」と聞かれますが、帰国子女ではないです。海外滞在経験も1年強で決して長くはないです。・・ということをまた話すと「どうやって勉強したの?」と聞かれます。

「どうやって英語を上達させたか?」
よく聞かれる質問にも関わらず、ちゃんと答えたことが正直ありませんでした(>ごめんなさい、元生徒のみなさま)
なぜなら自分自身でもちゃんと振り返ったことがなかったから。なんだか「なんとなく自然に」身につけた気分になっていたのです。
が、どうもよくよく振り返ってみるとそうでもないようなので、一度私の英語学習史をまとめてみよう、という気になってきました。
私の英語学習のスタート時期をほとんどの日本人と同じように中学1年と考えると、そこからTOEIC955を取得するまで12年かかってます。

12年・・・長すぎる。

まあそれはいいとして、その12年の中でターニングポイントは3つありました。そのターニングポイント、壁のようなものを乗り越えたからこそ上達したのだと思っています。そこで何がモチベーションになったのか、具体的に何をしたのかを振り返ってみたいと思います。

12歳ー15歳
義務教育のみ。
割とよく勉強したほうなので、ボキャブラリーや英文法の知識はあったほうだと思う。

15歳夏 初海外旅行でニュージーランドに1人でホームステイに行く。3週間滞在 ←ターニングポイント1


海外で生英語に触れて、自分のリスニング力のなさ、発音の悪さと思う存分噛み締める。
「使える英語」を身につけることを目指してとりあえず猛勉強する。
といっても発音やリスニングは後回しでとりあえずまだ弱かった英文法を強化する。
毎日3時間前後の英語学習を続けること3ヶ月ほど。予備校で上から全体の生徒数の30%に入るか入らないかぐらいだったのが一気にTOPに躍り出る。成果が出てモチベーションが上がり、さらに頑張り上位をキープ。


17歳 冬 ThinkQuest に出場する ←ターニングポイント2

海外の生徒とチャットやメールで議論しながら1つのHPを作り上げるというプロジェクト、ThinkQuestの国際大会に参加する。
その頃の私は海外の学生との交流に飢えていた。その中で裏リーダーを務め、チームメンバーを仕切る。
しかし、最初1通の英語のメールを書くのに1時間。チャットをしても単語が出てこない。返す言葉が見つからない。
コミュニケーションのための英語ができていないと痛感。
しかしコミュの量をこなすことで徐々に会話の言い回しに慣れる。メールも半年後は1通10分もかからなくなる。チャットも数秒でレスできるようになる。

 秋 ThinkQuestの授賞式でLAに行く ←ターニングポイント3
毎晩のように深夜まで作業して作り上げた作品は運よく評価され、LAの授賞式に。
初めてメンバーと対面で話す。
が!伝わらない。。。。
それもそのはず、文字で会話をしていたので音はなかったのだ。私の発音はとても悪いし、相手の言っていることも聞き取れない。
ファイナリストのインタビューやプレゼン(もちろん英語)では実力を発揮できずに惨敗。泣く泣く帰国。

その後は受験勉強もあったので、すぐ発音強化の対策はとれなかったのですが、
とにかくLAのショックが大きかったので発音は絶対によくしたいという気持ちを常に持っていました。
対訳がついている英語の雑誌でスクリプトを見ながら会話を聞いて、聞いたまんまに声に出して読んでみるという音読をコツコツ繰り返していました。お金がなかったので英会話スクールに通うなんて考えは浮かびませんでした。
とにかく声に出して読む。CDに合わせて読む。
たまに壁に向かって自分で質問を投げかけて自分で答えるなんて1人会話もやってました。

これをコツコツ繰り返していたら、
大学に入る頃にはある程度発音やリスニングにも自信がついてました。

18歳ー現在(約7年)
後半の長い期間をすごくまとめてしまいましたが、なぜならこの期間は英語が上達した実感が他の期間と比べて圧倒的に薄いからです。
でも大学でできたネイティブの友人やそれこそTQで知り合った友人と生の会話を保つことで英語に対する興味を失わないようにつとめてました。
「伝えたい人」と「伝えたいこと」を持ち続けることが今も英語を勉強する原動力です。

こうして振り返ってみて改めて気付くのは
英語学習のスタートから今までの12年間、同じペースで上達しているのでは決してなくて
15歳ー18歳の3年間にかなりの上達をしているということです。
その間の秘訣は何かというと

@学習量のボリューム
Aモチベーションの大きさ


だと思います。
そして、どちらかといえばAモチベーションの大きさがあってこそ@学習量のボリュームが保てるといえます。
何がモチベーションになるかは人それぞれですが、私の場合は「悔しさ」「あせり」でした。

@初の海外滞在 
ATQを始めた当初まともにチャットできない 
B対面であって自分の発音が理解されない&相手の言っていることが理解できない

どれも「悔しさ」に結びついて、その後の学習量をキープする大きなモチベーションになりました。
そして、その「悔しさ」を感じるそもそもの部分は表現したい欲求なのではないか、と。
多分私は表現欲が人一倍強いのではないかと思います。

何をモチベーションと感じるかは人それぞれですが、
モチベーションがあがったときが勝負、そのときに量をこなしてやりきるという方法も英語上達の一つの策では。

なんてことを、自分自身を振り返りながら思ったのでした。
細かな英語学習の技法はまたの機会に書くとして、こんな私の経験が有効に共有されればさいわいです。

長いエントリだった。。
タグ:英語
posted by youxi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

英語はモノマネから

katsuki.jpg
英語はクスッと覚えなさい!
by 勝木 龍

久しぶりに買った英会話の教材。
2枚のCDに入っている75話の英会話のスキットを声に出しながら練習していく教材です。一文ごとに日本語訳→英語訳が流されるので、意味が頭に入りやすいですし、またシャドーイングもしやすいです。
家事をしながら英語を口ずさむのに最適です。しかも、一つ一つのスキットはクスッと笑えるオチがついているのでストーリーが頭に入りやすく、モノマネも感情を込めやすいのが○。

ラジオやテレビの講座だけで英語をマスターし、国際金融の最前線で活
躍する著者流の英会話マスター法は以下の通り

1.興味のあるものを聞け! 
2.長文でなく短文で覚えろ! 
3.聞く英語の内容は日本語で正確に理解しろ!
4.同じ意味の表現は一つだけ覚えろ!
5.徹底的に「ものまね」しろ! 

私も高校生のとき、イングリッシュジャーナルのCDを聞き込んで、1人で壁に向かってモノマネしてました。多分傍からみたらアブナイ人ですが、何回も同じ台詞を声に出すことでどんどん英語が身体に染み込んでいったのを感じたものです。
自分の世界に浸って、登場人物になりきってモノマネしてみましょう♪
posted by youxi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

bitchyの隠された意味

昨日、英会話のプライベートレッスンでのこと・・・
教師が私に言ったことば
"You are bitchy-looking today!"

私の頭の中にはハテナマークが?????なかんじで浮かびました。
だって、bitchyって私の中では常にネガティブな意味だったから。

通常のbitchyの意味は「いじわるな。不機嫌な。」
たいしたことないことにガミガミ文句を言う人を
"She's so bitchy!"なんて言ったりします。

そんなわけで、私が"bitchy-looking"? 私、なんかけちつけた???
なんて考えてしまったわけですが、よくよく聞くとbitchyには隠された良い意味があるそうです。
ちなみに辞書を見る限りは、ポジティブな意味はどこにものってません。

私の教師が説明するには
若い女性について述べる場合のみですが、
"経験を積んでいて、簡単にはくどけなそう
エネルギーにあふれている
媚を売らずに自分らしくいる”
↑のような意味を持つそうです。
多分あと少しで「意地悪な」「傲慢な」印象を人に
与えてしまうぐらいのギリギリのところで↑のようなポジティブな
意味を保っている、というようなところでしょうか?

そんなかんじで、状況や対象によってはポジティブな意味にもなるというbitchy。

一つ勉強になりました。言葉って奥深い。

posted by youxi at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

I want to be succinct.

マンツーマンの英会話レッスンを始めて、早1ヶ月。
教師との相性はとてもいい。
これってとてもとてもラッキーなことだと思います。
間のとり方や質問の仕方、引き出しの多さなど。。素直にすごいなぁと思ってしまいます。
今更ながら、教師をしていた頃の自分がいかに未熟だったか痛感。。。

毎回、日米の社会・文化の違いについて2人で話しながら、
新しい単語を教わったりするのですが、
ある単語に出会って「あーーー、この単語を探しもとめていたんだ」
という感覚を得ることが時々あります。これこそ英語学習の醍醐味。

前回のレッスンで覚えた単語の1つが
succinct:ことばの少ない、簡潔な、簡明な

そう、言いたいことをだらだらと簡単な言葉をつないで説明するよりも
1つ2つの単語だけで簡潔に言えるようになりたい、
I want to be able to express my opinion more clearly with fewer sophisticated words. なんだけど、要は
I want to be succinct. です。
私の英語学習の1つのゴール。

がんばらなきゃ
posted by youxi at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

洋書入門はChick litから?

私が洋書を読むときによく読むジャンルが”Chick lit”というジャンルです。
Chickはアメリカのスラングで「若い女性」、litはliteratureのlitで、20代、30代の(主に独身)女性をターゲットにしたフィクションのジャンルになります。
1990年代の半ばにヒットした『ブリジット・ジョーンズの日記』が火付け役になり、その後も独身の若い女性で恋に仕事に悩む主人公の作品が次々とヒットしました。

現在公開中の『プラダを着た悪魔』も、Chick litでベストセラーになった"The Devil Wears Prada"が映画化されたものです。

私もトロントに滞在中に出会った"Shopaholic" シリーズからChick litにはまりました。
というのも、より文学色の強い作品と比べると断然、英語が頭に入りやすいのです。ストーリー展開も単純で(退屈という意味ではなく)、(特に友人・恋人・同僚間の)会話文が多い点がその読みやすさを実現しているのではないでしょうか。

上のShopahilicの他、メジャーなChick litとしておすすめなのが
”Good in Bed”(著者のJennifer Weinerは映画化されたIn Her Shoesの原作の著者です)や
"Something Borrowed"by Emily Giffin
あたりです。

英語力も中級あたりから読めるはずです。1冊洋書を読みきると自信もつきますし、洋書恐怖症も克服できるかもしれません。
ただし、上の作品、あまり男性向きではないので、女性限定でおすすめです!
posted by youxi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

新TOEICに初挑戦

1年ぶりにTOEICを受けてみた。

実は日本国内でTOEICを受けるのは初めて。降りる駅を間違えるなどハプニングがあったものの(しかも、歩き続けて次の駅(降りるはずだった駅)に着いてから初めて間違えたことを知った。。。)なんとか無事に会場に到着。

昨晩かなり飲んでしまったため、グロッキーな状態でありつつも、結構力は出せたかも?という感じだ。

試験は2時間びっしりなので、いかに集中かつリラックスしてベストを出せるかが重要だ。今まで試験というとやたら緊張してしまって、ずっと試験中どきどきし続けることが結構あった。
今回は、努めてリラックスすることを意識。まずは背筋をぴん!と伸ばすこと。あとは「できる!」と自信を持って挑むこと。そして、2時間ずっと問題用紙を見続けると目が疲れてしまうので、しばしば視線をそらしてプチ気分転換を図ることにした。結果、集中しつつとてもリラックスした状態で受けられたので、かなり持っている力を出し切れたのではないかと思う。

にしても、新TOEICになってからイギリス&オーストラリアの発音が加わったのだが、アメリカ英語を聞きなれている私にはちょっとマイナスだった。
職場にニュージーランド人の同僚が居てくれて本当によかった。彼の英語も最初は(というかいまだに。。)聞きづらく、何度も聞き返してしまったっけ。でもそれで、リスニング力は鍛えられたのかな?違和感は感じつつも、なんとか(本当になんとか・・)聞き取れた感じだ。

早く結果が見たい〜
posted by youxi at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

Pod Castを活用する

最近インターネットで英語のリスニング練習の素材をよく探しているのですが、遅ればせながらPodCastの便利さに気付き、先週ついにiTunesをダウンロードしました。

いやあ、英語のリスニング練習に使えそうなPodCastがあるあるある!
色々試して聞いているのですが、エンターテイメント性も高くてかつ教育的なものとして一押しなのが、The Bob and Rob Showです。

イギリス人とアメリカ人のコンビが送るラジオショーなのですが、二人のやり取りがとっても面白いし、毎回紹介してくれるPhrasal Verb(二つの動詞がくっついて、特別な意味をなすもの。hang outとか)についての説明も分かりやすくって最高です。あと、イギリス英語とアメリカ英語の違いの紹介も多く、イギリス英語について疎い私にはかなりへぇ〜っという情報がつまっています。

二人は日本に住んでいるらしいけど、彼らの生授業があるのなら一度受けてみたいな〜
また、彼らのPodCastは無償で提供されているので、彼らのウェブサイトではドネーションが募集されていました。これからも続けてほしいので、ドネーションを近々しようかと思います。
posted by youxi at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。