2011年03月20日

コミュニケーションを渇望したここ1週間

震災から既に1週間が経ちました。
度重なる余震、危機的な原発の事態、絶望的な数の死者と行方不明者。。
これでもかという程の悪いニュースが連続して伝えられました。

不安を掻き立てられ、悲観的になり、でもなんとか希望を見出したいともがいた1週間でした。

幸いなことに、ライフラインも確保されており、身近な人も危機的な状況にない私ですが、
ここ1週間は今までの人生の中で最もコミュニケーションを渇望した1週間になりました。

Twitter上ではどうしようもなくなって不安な気持ちを吐いてみたり、
一方で自分や周囲が元気になればと、明るいニュースや希望を見出せるような情報を探してはRTしたり。
他の方のRTやフォロアの方々からの優しいコメントに励まされたり。
今までほとんどつぶやいていなかった英語アカウントも発動させ、日本のために祈ってくれている方々とやりとりしたり。

誤情報も含めてTwitterにはかつてない程の膨大な情報が流れるなかで、Tweetを自粛気味の方もいたと思いますが、私にとってはTwitterのようなマスメディアに凌駕されていない、個々人が双方向でコミュニケーションとれるメディアはこの危機的状況の中で救いでした。
Twitterを通して、多くの方のつぶやきに希望を見出し、前向きになるパワーをもらいました。

実生活でも同じでした。
普段ほとんど話すことのなかった職場の清掃担当の方と言葉を交わし、お互いの状況を話したり、
レストランに行けば、被害状況についてレストランの方と話したり、
普段はそれほど話さない同僚とも声をかけあったり。

皮肉なことに、震災をきっかけに多くの方とのつながり、身近な人たちをより深く知ることができました。

震災以降、同じように人とのつながりをいつも以上に感じた人はたくさんいると思います。
そして、それこそが今後の復興に向けての「希望」なのだと思いました。

被災地の大変な状況を知るたびに、
もどかしい気持ちになりますが、試行錯誤しながら、自分にできることを探し、行動したいと思います。
posted by youxi at 16:51| これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

16年前の自分と

引越しのために部屋を片付けていたら、
偶然に小学校5,6年の頃に書いていた日記を見つけてしまった。

しっかり継続できなかった日記だけど、
読んでいると当時の情景が蘇ってくる。
ずーっと思いだすことのなかった情景が記憶の奥底から浮き上がってきた。

恥ずかしいけど、一部紹介。

「1月11日
昨日は、お母さんが私のはらまきをあみはじめてくれました。ピンク色でかわいらしいはらまきです。
(中略)
私はよく前はおなかがいたくなっていたのではらまきをしたら、ぱったりといたくなくなったのです。早くはらまきができあがんないかな…。た・の・し・み!これでおわります。 おわり」

こんなかんじで日常のたわいもないことが書きつづられているのですが、
私は自分の日記を読みながら、不思議な温かい感じにほわぁっと包まれて、しばらく呆然としてしまった。

私ってこんな小さな世界で日常を送っていたのか。
私ってこういう感情を家族や親しい人に抱いていたのか。

同じ自分なのに、あの頃から16年経って、たくさんの変化があって、
遠い昔に何を大事にしていたのかとか、何に悲しみ、喜んでいたのかとかすっかり忘れてしまってた。これって普通のことなんだろうけど。

逆に16年前の自分が今の私を見たら、どう思うのだろうか。
それでいいんだよと受け入れてくれるのだろうか。
それとも、もっとしっかりしてよ!とか怒られるのだろうか。

16年前の自分との会話は終わらない。
posted by youxi at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

始めてみます♪テレビでイタリア語!

今週末は渋谷のNHK放送センターにて、NHK語学番組のイベントに参加してまいりました♪

「テレビでイタリア語in Umbria」
マリアとマッテオの「ウンブリア・スローライフ体験」


というテーマです。

4月から始まる「テレビでイタリア語」は、ウンブリア州の田舎町を訪ね、現地で単語やフレーズを学んでいくスタイルの語学番組です。プレゼンターは鈴木マリアさんとマッテオ・インゼオさん。

なぜ、このイベントに参加したかというと…
たまたまゴガクルのHPでイベント告知を見たのと、なんとなくイタリアとスローライフという言葉に惹かれたからです。最近イタリア料理にはまっていたので。

と、かなり軽〜いノリで参加してしまったのですが、30名近くいたイベント参加者の方々はほとんどイタリア語が日常会話以上できるというような皆様でした!
私は…イタリア語というと、ciaoぐらいしか分かりません、スミマセン…

そんな超初心者の私でしたが、このイベントに参加して、イタリア語、そしてウンブリアに魅了させられてしまったのでした。
ウンブリアはイタリアの州の一つで唯一海に面していない州なのだそうです。丘が多く、ワインやトリュフで有名。番組の1回目は、ウンブリアで昔ながらのスローライフを実現している家族がいらっしゃるのですが、その家族のお宅を訪れるところから始まります。ワインもオリーブもハムも(!)自家製で作ってしまうというご家庭です。すごいなぁ

いくつかのイタリア語を番組を通して覚えたのですが、母音の発音が強く、発音もそれほど難しくないので勉強しやすそうと感じました。&英語と似ている単語もあるのが面白いです。

番組の内容もとても充実しているし、マリアさんとマッテオさんのトークやコメントも面白いので、楽しみながらイタリア語が勉強できそうです♪ 特に、今回イベントを通して色々な撮影の裏話やエピソードが聞けたので、ますます見ないわけにはいきませぬ。
今回は1回目の試写会でもあったのですが、マリアさん、マッテオさんも初めてみるということで、見終わった後は感無量の様子でした。お二人とも涙ぐんでました。それだけたくさんの苦労また喜びがあった撮影だったそうです。

4月から月曜深夜12時半〜55分までの放送
です。私は起きていられないので、録画して見ます!

4月は新しいスタートを切るには良いタイミング。イタリア語を勉強して、世界が広がるのが楽しみです★

--------------------以下、イベントから★----------
maria_boot.jpg
イベントの一番の盛り上がり?!
質疑応答の途中で突然マリアさんリードのブートキャンプ?
音楽に合わせて、身体を動かしながら、イタリア語のいくつかのジェスチャーをお勉強しました!

maria_matteo.jpg
マリアさん、マッテオさんと一緒にお写真♪
一人一人の参加者と最後にフォトセッションがありました

Italy_goods.jpg
テキストにサインを頂き、マッテオさんからは直筆のメッセージ付きのチョコレートを頂きました

ホスピタリティが溢れていたイベントで、とぉっても楽しかったです。
マリア先生、マッテオさん、NHKのスタッフの皆様、ありがとうございました!!
posted by youxi at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

youxiの5つの強み

勝間さんが以前から度々薦めていたStrengthsFinderの5つの強み分析をついにやってみました!

以前やろうと思って購入した『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』は中古だったため、IDが使用されていて出来なかったのです。アホですが…
今回はもう1冊のStrengthsFinderのIDが取得できる『心のなかの幸福のバケツ』を買ってみました。さあ、才能に…よりもかなり内容が簡単ですが。

さてさて、youxiの5つの強みを上位から上げていくと(以下の全34項目中)
1.収集心
2.学習欲
3.内省
4.共感性
5.目標志向

でした!

約30分の質問への回答の後、5つの強みと詳細のレポートが示されました。なかなか興味深かったです。
わたし、自分ではもうちょっと明るくて活発な感じの項目が出るかと思っていたのですが、なんだかかなり内省的で暗いような…?!

参考にして、強みを生かしながらがんばりたいと思います♪

【34の強み】
アレンジ、運命思考、回復志向、学習欲、活発性、共感性、競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、コミュニケーション、最上志向、自我、自己確信、社交性、収集心、指令性、慎重さ、信念、親密性、成長促進、責任感、戦略性、達成欲、着想、調和性、適応性、内省、分析思考、包含、ポジティブ、未来志向、目標志向

bucket.jpg
posted by youxi at 22:53| Comment(3) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

【独り言】決意を新たに…

久々にフィリップ・マグロー氏の『史上最強の人生戦略マニュアル』を読み返しました。
なんか行き詰っているなぁ〜と悶々としてくると読み返す本です。
何回読んでもこの本はいいです。読むだけではなくて、たくさんの課題を与えてくれるから、すっごく頭を使います。

第三章の「人生の責任は自分にある」の部分を読んで、最近の自分を反省しました。
そして、自分の状態を正直に見据えてみました。

色々と目をそむけたくなるような状態に自分は今いるなぁと改めて認識しました。うまくいっている面もたくさんあるのだけど。
両者ともに認識できて良かった。

著者が「もし本当に傷ついていて、自分でもそのことを認めていれば、その痛みを利用して、感情が麻痺した虚脱状態から抜け出すことができる」と言うように、自分の悪い状態を認識して初めて一歩前に前進できるのだろうと思います。

自分がどうありたいかを考えていたつもりだったけど、明確な目標を設定していなかったから、
中途半端な状態に甘んじていた。
でも、そろそろ抜け出さないといかんなと思いました。

自分と向き合って、行動しよう!
と決意を新たにした夜でありました。
posted by youxi at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

情熱大陸に勝間さんが出てました

私の大好きな勝間さんが昨晩、『情熱大陸』に出てました。
勝間さんファンになってからはや2年4ヶ月・・・ついに情熱大陸で紹介されるとは、ファンとして感無量です(涙)

- 勝間和代(経済評論家) - 情熱大陸
http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/05_11.shtml

こちらのブログでも内容がかなり詳しく紹介されています↓
−情熱大陸@勝間和代 番組のまとめ
http://drmyb.blog84.fc2.com/blog-entry-273.html

内容は30分なので凝縮されまくっていましたが、やっぱり映像で感じることも新たにあり、映像の力ってすごいなと思いました。

以下、番組を見ながらパソコンでとったメモです
※()内は後から付け加えたコメントです
※ 太字は印象に残った言葉
------------------------------
(最初数分、PCを立ち上げていたので省略)
無収入生存年数を考えろ
オフィスはすっきり いらないものにお金を使う→売価が高くなる
(勝間さんのオフィスはとても殺風景で余分なものはないかんじ)

お気に入りHP
統計局ホームページ
家計統計 書籍代=700円/家庭
mama pan 小麦買う 全粒粉のパン
(白いものは健康に悪いと勝間さんオススメ『百歳まで元気に生きる!』にもあったなぁ)

速読 (ランチMTG前、隙間時間に読書中。1ページめくるのに5秒)
記者「速いですね」
勝間「日本語ですからね〜」(・・・笑)

ランチMTGの出費はおしまない
効率化でめざすのは人生の潤い

バリバリ働く女性 離婚は7,8割 (う・・・数値化されると恐ろしい)

子供の頃
女性の就職は大変なんだと実感
手に職つけなければ→公認会計士の資格取得

お互いに不幸になる場合は離婚せよ

日本橋の丸善にて
陳列棚の整理を自らする
迷った本は買う (出来るだけまねしています)
レジにて、買った本の合計3万いくら・・ (いくらなんでも買いすぎじゃ・・・汗)

ネイルサロン@青山

休日
ディスニーランド 娘さんと 
孫のための日本を残す

早稲田大学 大学院
日本の行く末
日本経済はもうダメ?
徐々に負けている。仕組みが制度疲弊
日本が最先端ではなくなっている
情報化 男女共同参画
人材の登用も女性から行ったほうが、経済力が増す
教育受けた・能力ある女性の活用がうまくいっていない
効率が悪い=無駄に労力・資源を使っている

新たなプロジェクト chabo
発展途上国の支援
著者印税の2割を寄付し、学校建設などを支援
お金をどう使うか=人生をどう生きるか

お金を使うこと=人に対して感謝をあらわす
------------------------------

また、勝間さんが娘さんと電車の中で話しているシーンがあったのですが、「あ、ママの顔している」と妙に印象に残りました。

ちなみに、番組の最後に紹介されていたChabo!は、Charity Book Program( チャリティ・ブック・プログラム )。
数名の作家たちの好意により実現した印税寄付プログラムのことです。

●参考リンク
- 本で、もっと、世界にいいこと。「Chabo!」が始まります。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2008/05/chabo_d7bb.html
posted by youxi at 22:18| Comment(5) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

原点

昨日、以前勤めていた英会話スクールで、
1人の講師の代理として2レッスンだけ担当した。

昨日のレッスンでは、
昨年の春に2ヶ月間位だったろうか、米国への出張準備として短期集中でプライベートレッスンを受け持った男性と1年半ぶりに再会。
出張後、再度の挑戦ということで、また英会話を始めたとのこと。
ユーモアにあふれるその生徒さんとのレッスンは私も毎回楽しみで、
また好奇心と勉強意欲にあふれる彼とのレッスンは私にとってもとてもチャレンジングなものでした。
出張後は音信不通になっていましたが、昨日1年半以上ぶりに再会した彼は
「ずっとyouxiさんにはお礼を言いたいと思っていたんですよ。
 出張も無事に終わりました。」
と温かい言葉をかけて下さいました。

また、1年前は初級レベルだった生徒さんが何と3つも上のクラスにステップアップして、頑張っている姿を目にしたりと嬉しい再会にあふれるひとときでした。

前職は色々とストレスフルな面もありましたが、
頑張っている人に真剣に関われるという点ではとてもやりがいの大きな仕事だったんだなと改めて感じました。
そして、それは今の仕事にも通じる点があり・・・

3時間だけ過去の自分に戻り、
今も私の中に流れる価値観を再発見した体験。
posted by youxi at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

「人」に好かれる必要はない

環境ジャーナリスト、翻訳家として活動されている枝廣 淳子さんの講演に行ってきました。
先日、勝間さんの出版セミナーに行ったときにたまたま講演情報を拝見して、もともと枝廣さんのことは著作を通じて知っていたので、興味をそそられて参加してみました。

最近はアル・ゴアの『不都合な真実』の翻訳で有名な方です。

ご主人の転勤で29歳のときにアメリカに行ったのがきっかけで、わずか2年間の滞在期間で英語を初級レベルから同時通訳レベルまで上達させた枝廣さん。今日のセミナーは変化を起こすために個人がどう自分自身をマネジメントするか、ということについてでした。

特に印象に残った箇所はストレスとどう付き合うかということについて。
枝廣さんのすすめるコツはストレスには「近づかない、引きずらない」こと。
大半のストレスの原因は対人関係にあると指摘されていましたが、枝廣さんはよく日本語で使われる「人に好かれる」という表現のその曖昧さを指摘していました。一体「人に好かれる」の「人」って誰なんだ?と。
「恋人に好かれる」「同僚に好かれる」なら明確ですが、よく使われる「人に好かれたい」という発言はとても不明瞭です。世界中の人に愛されるってこと??
ちなみに勝間さんもおっしゃってましたが、「全ての人から好かれる人なんていません」。
枝廣さんがおっしゃっていたことは、「人」に好かれることを漠然と求めるよりも、まず自分自身が自分を認めてあげなさい、ということです。変えられるのは自分だけなんだから、と。とても素敵なメッセージだと思いました。

そこで、一つの詩を引用されていて、心に残ったのでここにも共有しておきます。

○-------○-------○-------○-------○-------

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

Frederick Perls フレデリック・パールズ

○-------○-------○-------○-------○-------

淡白と捉える方も結構いるかもしれませんが、
私はこの詩がとても気に入りました。
posted by youxi at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

真摯な姿勢が人を動かす

今日は素敵な出会いがありました。

マンツーマンで英会話を習おうということで、
某スクールの体験レッスンを受けたのですが・・・

素敵な出会い1つ目は講師との出会いです。
なんと、私が以前住んでいたトロントの出身で、
しかも住んでいたところがとても近かった!!歩いて10分ぐらいの距離?
出身大学もトロントにある大学で、よく知っているし。。
なんという偶然!!
英語教育の経験も豊富で、博識そうな方でした。
私のニーズをうまく引き出してくれて、感動です。

素敵な出会い2つ目がコーディネーターの方との出会いです。
システム等の説明に入る前に、あえて私は某大手英会話スクールで講師をしていたことを、スクール名も含めて開示しておきました。それを知った上でどんな説明をしてくれるのかちょっと興味があったからです。

特に現在の英語力に関するコメントとかどうやったら上達するか等のアドバイスは必要ないと思われたようで一切なく、その代わりに英会話スクール業界・英語教育についての話しで盛り上がりました。
私が業界出身者だったから話して頂けたような内容もあったのですが、とにかくそのスクールの、というか彼の英語教育に対する熱い思いが伝わってきて、心を動かされました。

そして、びっくりなのは、説得が全くなかったこと。入会に関して「どうしますか?」とも聞かれませんでした。他社比較も一切なし。まあ、その辺は私が知っていると思われたのでしょうが。

そんなわけで、予想していたような「型にはまったトーク」からは程遠く、話しは終始、私のキャリアのことやら、その方の教育に対する考え方など、色んな方向に広がり、とても充実した濃い時間を過ごせました。

彼の教育に対する真摯な姿勢に感動して、私はそのスクールに入会することに決めました。

来週から週1時間のマンツーマンレッスンが始まります。
ディスカッションの力を磨きたいと思います!
posted by youxi at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

笑顔の力

今の職場を去る時期が近づき、生徒さんから色々なメッセージを頂く機会が最近増えました。

一時期プライベートレッスンを担当していた生徒さん(10代後半の男の子)からはこんな素敵なメッセージを頂きました。

「(前略)先生に一つだけお願いがあります。
***を辞めてもその笑顔を忘れないで下さいね!
人の笑顔は時にどんな言葉よりも力になることがあります!!
だからと言って無理に笑顔を作ることはないですが・・
自分が笑顔でいることによって相手が強くなったり、自分も強くいられる気がします!!(後略)」

今の会社では新人研修の頃から「笑顔の大切さ」を徹底して教わってきました。
「先生が笑顔でいると、生徒も励まされるし、安心するんだよ」と。
最初はそういうもんなのか〜という感じで、言われた通りにこにこしていました。メッセージを読んで、そういえば着任した当初はレッスンでとても緊張していたのですが、笑顔を無理にでも作ることによって心に余裕が生まれたことを思い出しました。その余裕みたいなものはきっと生徒さんにも伝わっていたのではないかと思います。

気分が沈みがちな日は、とりあえず笑っておこうと思って笑顔でいたら、次第に気分も明るくなっていったのも、笑顔の力なのかもしれません。

そしてまた、私も生徒さんの笑顔から自信を得たり、よりその生徒さんのことを思う気持ちが生まれたのだなとも思います。

まさに笑顔の力。
彼のメッセージによって、その力の大きさに改めて気付きました。
posted by youxi at 04:34| Comment(2) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

感動が冷めないうちに・・

勤務先での最後の土曜日。
今日は仕事の後、ハロウィーンパーティー&私のフェアウェルパーティーでした。
総勢スタッフも含めて40名ほどの方々がいらっしゃって下さいました。

ちなみに私の仮装のテーマは
ドリフターズの雷さま(高木ブー)です。
緑のアフロにつのを着け、腹巻をして挑みました。
口々に「すごい似合ってるーーー!!!」と言われましたが
なんとも複雑・・・たらーっ(汗)

パーティーの二次会で、ある生徒さんから「今日はたくさんのプレゼントをもらったね」と言われました。
色々なお餞別も頂いたのですが、もちろんそれだけではなく、というかそれ以上のものを生徒さんから頂いたわけです。
本当に私は今の仕事ができて、幸せだと思いました。今日、改めて、私はたくさんの生徒さんに支えて頂いていたんだなぁと実感しました。
素晴らしい生徒さんとスタッフに恵まれて、感謝の気持ちでいっぱいです。

この今の気持ちをずっとずっと忘れませんように…
posted by youxi at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | これからも忘れずに! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。