2011年04月03日

[写真]ユニセフ行ってきました

昨日ユニセフに届けた本です↓ どれも読み応えがありそう♪
img_3361.jpg


かわいい「ちっちゃな図書館」のポスター。
ロゴなどの制作は電通社会貢献・環境推進部がサポートしていらっしゃるとのこと。
flickr5581198457


夕方4時半ごろの様子。持ち込みに来ている方々がたくさんいらっしゃいました〜
対応して頂いたスタッフの方の笑顔がステキでした!
flickr5581198293


対象年齢別に仕分けされていました♪
flickr5581198467

早くこどもたちに届いてほしい〜
この本たちによって、こどもたちの笑顔が生まれ、それがまた周囲の大人たちを元気づける、そんな「笑顔・感動の連鎖」が起きますように。。ぴかぴか(新しい)
posted by youxi at 12:04| 心惹かれたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

モーリーの『Groove Night』、REIKAさんのエジプト舞踊が熱い!!

今朝起きぬけにチェックしたGmailに、HRW(ヒューマン・ライト・ウォッチ)からの「A Victory for Human Rights in Egypt」というタイトルのE-mailが届いていて、思わず胸がどきっとしました。
ついにムバラク大統領が辞任するとは!急展開にびっくりすると共に、今頃カイロのタハリール広場は歓喜の声で大盛り上がりなのだろうなぁ〜と想像します。
今後の行方が気になりますが、ひとまずは「エジプト人民の皆さん、おめでとう!」という気持ちです。

そんな私は、おととい六本木にて、ミュージシャンであり個人ジャーナリストでもあるモーリー・ロバートソン氏の『Groove Night』に参加してきました。
日本の大手メディアが伝えない、真のエジプト情勢を伝えるべくTwitterを中心にレポートに打ち込むモーリーさん。

イベントでは最初にモーリーさんが今のエジプト情勢に関して思うことを熱く語った後、エジプトを知るきっかけになれば、ということでエジプト舞踊家のREIKAさんとお仲間のダンサーの方々によるエジプト舞踊が披露されました。

エジプト舞踊って見たことなかったのですが、すっごく面白かったです。
フラメンコ風の踊りだったり、アラビア風の踊りもあり、ベリーダンスにも近いような…そして、どことなく日本の踊りにも通じているような…色々な舞踊文化が融合しているような印象なのです。
というのもモーリーさんの解説によると、フラメンコのツールである「ジプシー」も「エジプシャン」から生まれた言葉とのこと。
世界最古の舞踊芸術であり、あらゆる踊りのルーツがエジプト舞踊にあるそうです。(http://reikaworld.com/dance.html より)

REIKAさんのエジプト舞踊
Egypt Dance by REIKA san

Egypt Dance by REIKA san

楽しい感じのリズミカルな踊りが多かったのですが、何よりもすごいインパクトがあったのは「ザール」という踊りです。

その危険さゆえ、一人では決して踊ってはいけないと言われる悪霊・聖霊を表現する「ザール」。(一人で踊るとその世界に入り込みすぎて、現実世界に戻ってこれないそうです!!)
ザールの踊りが終わった後、思わず隣の方と「す、すごいですね・・・!」。感嘆せずにはいられませんでした。

ザール
Egypt Dance by REIKA san

そして最後はみんなでエジプト体操♪
誰でも気軽にエジプト舞踊を楽しめるようにとエジプト体操を考案したREIKAさん。エジプト語の挨拶が取り入れられたり、歌詞がとてもカワイイ!動きも簡単そうに見えて、終盤には結構息があがっていました(メタボ解消にも役立つということばにも納得!)
「エジ・エジ・エジプト…エジプト体操!」のフレーズがその後も私の頭から離れず、不思議そうに見つめる夫にはおかまいなく、家に帰ってからも踊っておりました。ふふふ

そんなエジプト体操、朝日新聞のサイトで発見!こちらです↓
http://www.asahi.com/video/showbiz/TKY200906080222.html

エジプト舞踊についてのREIKAさんの解説も見れます♪

みんなでエジプト体操を踊って、エジプトの皆さんとダンスでつながりましょう!


REIKAさんは日本人で初めてエジプト国立民族舞踊団にて学ばれた方で、世界を舞台に活躍されている舞踊家です。
「エジプトに行ったからこそ、今の自分がある」と語るREIKAさんのエジプトへの感謝の思いが伝わってきました。

今回のエジプト情勢を興味深く追いながら、こうしてエジプト舞踊を知ることができたのも、とても嬉しいことです。
ネットがきっかけでつながり、異文化が伝えられ、一人ひとりの世界が広がり… こうした良い連鎖が生まれるのも今の時代だからこそ。 
これからもエジプト情勢を見守りたいと思います。

モーリーさん、REIKAさん、そしてスタッフの方・お客さん含めてイベントを盛り上げて下さった全ての皆様、ありがとうございました!
タグ:エジプト
posted by youxi at 11:17| 心惹かれたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ドガ展@横浜美術館

昨日は母と横浜美術館で開催中のドガ展に行ってきました。
ドガ展公式サイト→http://www.degas2010.com/

「エトワール」というバレエの踊り子の絵で有名なドガですが、実は彫刻の作品を多く残しています。特に「14歳の小さな踊り子」という作品は、まだ幼さが残る身体をブロンズで表現し、そこに発表当時は人毛のかつらをつけたり、木綿の服を着せたりと、「奇抜」な表現方法に挑戦したことから当時は批判も多かったそうです。
その他、それまで神聖なものとして描かれていた裸の女性を、入浴という日常的な場面の裸婦を描くことで、ありのままの現実的、日常的な女性を表現しました。やはり、そうした革新的な試みは当時、大きな反響を巻き起こしたそうです。
また、描かれている女性は「美人」ではないことも多く、その分、ドガが対象と正直に向き合って、本質をありのままに描ききろうとしたのだろうなと感じました。
今となっては名作と呼ばれる作品や、天才画家と呼ばれる芸術家も、当時の美術界や時代の流れの中では逆風を受けたり、理解されなかったこともあるというのはよく聞く話ですが、ドガもまた然り。ただただ自分の描きたい世界や表現方法にこだわり、作品を作り続けていった孤高の精神が今も多くの人を感動させる作品を生み出していったのだと思います。

今回の展覧会では、ドガの習作も数多く展示されています。踊り子の手足の細かい動きや、女性のドレスのドレープ、入浴する裸婦の身体の線など。。習作を見ながら、「ああ、こんなにたくさん練習した結果、あの作品が出来たんだなぁ」と妙に感心してしまいました。それにしても、こんなに多く、一人の画家の習作を目にしたのは初めて。「有名になると思って、捨てないで残しておいたのかねぇ?」なんて、おもわずつぶやいてしまいました。

「エトワール」のような超有名な作品だけを鑑賞するよりも、
その前後に描かれてた作品とか、習作まで見れると、大作を見るときの視点もまた変わり、より作品を楽しめると思いました。
そういう意味で、とても満足度の高い展覧会となりました。

Yokohama Minatomirai
横浜美術館前の木々は黄色に赤にと色づいていました。
posted by youxi at 10:47| Comment(0) | 心惹かれたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

バラを味わいつくした週末@横浜

先週末はシンガポールから一時帰国中のお友達と一緒に横浜をお散歩してきました。
山下公園のインドフェアで美味しいカレーとインドビール、インドワイン(昼間から飲みすぎ?!)を楽しんだあと、港の見える丘公園へ。
素敵なバラたちがお出迎えしてくれました。

img_2628.jpgimg_2630.jpg
img_2627.jpgimg_2626.jpg
img_2623.jpgimg_2625.jpg

バラごとに色も形もちがっていて、みんなそれぞれの良さがありました晴れ

港の見える丘公園では庭園を眺められるカフェに入って、これまたバラづくしのメニューを楽しみました!
私はローズシフォンケーキ、お友達はローズロールケーキ、そして2人でローズコーヒーも注文。よく見てみてください!左斜め下コーヒーカップにもバラ、添えられたスプーンにもバラ、テーブルクロスもバラかわいい まさにバラづくし!!! ここまで徹底しているのはスゴイ!

img_2641.jpgimg_2639.jpg
img_2642.jpgenokitei yokohama

まさにバラを見て、嗅いで、飲んで、食べて…五感をフルに使ってバラを堪能できた週末でしたるんるん
posted by youxi at 21:50| Comment(2) | 心惹かれたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

秋の空

秋の空が好き。
昨日の空もそれはまた素敵だった。

Today's Sky @Ichikawa, Japan

白い画用紙いっぱいに水色と青を混ぜた水彩絵の具を塗ったような空だったり。



暗闇に呑み込まれそうになっている切なそうな空を夕日が優しく照らしてくれていたり。

見ているだけで、際限なく感情が沸きあがってくる、そんな空が見れるのは秋だからこそ。
posted by youxi at 21:22| Comment(0) | 心惹かれたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。